MENU

【コロコロうんち解消】更年期の便秘ならエクオールサプリ!!

今まで便秘や下痢に悩まされていないかった方でも更年期に入ることで慢性的な便秘になったり下痢しやすい体質に変わってしまう方がいます。

 

実は、その原因は女性ホルモンのエストロゲンの減少が大きく影響しているのです。ここでは更年期の便秘や下痢が起こる原因。その対策方法のエクオールサプリにつて紹介させてもらいます。

 

更年期に便秘が起こる原因

更年期になると、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

 

それにより、今まで通りに女性ホルモン(エストロゲン)が作り出せないことで、脳の神経系が混乱し自律神経が乱れてしまいます。

 

自律神経には活動しているとき、
ストレスを感じている時に働く交感神経と休息・リラックス・睡眠時に働くを副交感神経の2つがあります。

 

本来ならば、
この2つの神経が交互にバランスよく働いているのですが、
自律胃神経が乱れると、交感神経が優位になり、
副交感神経の働きが弱くなります。

 

副交感神経は腸を含む消化器官の働きをコントロール神経です。働きが弱くなることで、うまく便を排出できなくなり、老廃物を溜め込み便秘になってしまうのです。

 

 

また、腸の働きが弱まることで、
腸のぜん動運動にも異常が起こり、
腹痛や下痢などを引き起こすことがあります。

 

人にっては下痢や便秘が交互に起こることもあるのです。

 

つまり更年期の便秘は
女性ホルモン(エストロゲン)の減少で
起こっている可能性が高いのです。

更年期の便秘解消にエクオール

 

更年期の便秘には女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって引き起こされるので、女性ホルモン(エストロゲン)を補うこで改善する可能性が高いのです。

 

 

エストロゲンと似た働きをするのが、エクオールです。

 

 

今まで、大豆製品に含まれているイソフラボンが女性ホルモンの代わりをしてくれると言われていました

 

しかし、最近の研究によると、
イソフラボンが女性ホルモンの代わりになるのではなく

 

イソフラボンが腸内細菌(エクオール生産菌)によって変換されるエクオールが女性ホルモンの代わりなのです。 

 

 

エクオールを補うことで、腸の働きが改善されれば、コロコロうんちや気張ってでも出ない便秘対策になるのです。

 

エクオールの詳細

 

食生活から便秘解消

 
更年期の便秘や下痢は自律胃神経の乱れでが要因ですが、腸内環境を整えることで、便秘の対策・予防にもなります。ここでは、便秘解消に必要不可欠な食物繊維の食品を紹介します。

 

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

 

偏った食物繊維を食べていてた場合、
逆効果になってしまい便秘を悪化させてしまうことにもなりかねません。

 

 

水溶性食物繊維は腸内の余分な水分を便に混ぜるので便が柔らかくなる

 

腸内の老廃物や有害物質を便と一緒に排出してくれ、善玉菌とエサにもなり、それにより、悪玉菌が減り、腸内環境が整う

 

主な食品(海藻類・果物・こんにゃく・里芋)

 

不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収し、便の量を増やします。

 

それにより、腸壁は刺激され腸のぜん動運動を活発にさせ、便秘解消の効果がある。

 

主な食品(野菜・穀類・豆類)

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスは水溶性1:不溶性2といわれている。この条件を満たしている食品は納豆・ごぼう・オクラなどです。

 

しかし、これらだけを積極的に食べるのではなく、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが大事です。

 

便秘が続くとどうなる?

たかが便秘といっても、お腹が張ったり、オナラがでるだけではありません。悪化すると体に様々な悪影響を招いてしまいます

 

■肌荒れ
便秘になると、肌が荒れると聞いたことはないでしょうか。それは正解で、便が腸内に蓄積することで、便の毒素が腸壁や血管に入り、体内に行き届きます。肌細胞はその有害物質に駆除に追われ、肌の新陳代謝が追い付かなくなり、肌荒れ大人ニキビとして現れます。

 

■イライラする

 

更年期の症状でもイライラすることが起こりますが、便秘でも同じこ戸が起こります。腸は第二の脳ともいわれてるくらいで、精神状態に深く関係しています。腸の調子が悪ければ、精神的にも安定しません。

 

■がん

 

便が腸内で長い時間、あることで、腐敗が進み、有毒なガスや物質を排出します。これが大腸管内に蓄積されると大腸ガンにもなりかねません。また腸閉塞にもなる方がいます。

 

まとめ

更年期だけでも症状でもツライいものなのに、便秘になると余計にイライラしたり、余計な心配をしてしまいます。

 

更年期に限っては女性ホルモンの影響が多いので、エクオールサプリを飲んでみるのも効果的です。そして適度な運動・規則正し生活・食生活を心がければ便秘の解消と予防にも繋がります。

 

 

関連ページ

日常のちょっとしたことで対策できる更年期のホットフラッシュ
更年期障害の症状で多いのがホットフラッシュです。のぼせやほてりの症状も多く、外出することもままならない人もいるでしょう。そこで試してほしいのがサプリメントです。
エクオールでシワのケアも?驚きの美容効果は
エクオールには美容効果もあります。エストロゲンは女性らしらを出すものでもあるからです。エクオールをサプリとして摂取してシワが改善さた美容効果が発表されています
更年期の生理不順の「乱れ」からわかる対策
更年期の生理不順は閉経の向かうサインです。このときは生理周期が長くなったり、早くなったりします。出血の量も増えることもあるので、焦らないで冷静に対処しなければいけません。出血量が多くなると貧血などの問題もでてくるので、その場合は婦人科などに相談しなければいけません
簡単に楽になれる?更年期の肩こりには温湿布や半身浴で対策!
今まで肩こりを感じたことがなかった方でも、更年期に入ると肩の重さやだるさに悩まれる方がいます。実は肩こりは更年期症状の1つなんです。この記事では肩こりを解消できる具体的な対策をお伝えしています。
エクオールサプリの安全性や副作用は大丈夫!?
エクオールは大豆イソフラボンから作られるもの。体にはいいものだが、過剰に摂取することで副作用の問題もあります。はたしてエクオールは安全なのか?そして副作用はないのか
更年期の骨粗鬆症を予防する食事は和食だった
エズトロゲンは骨の新陳代謝とも深く関わっています。そのためエストロゲンの分泌が低下する更年期以降の女性は骨の密度が低下し骨粗鬆症にりやすくなります。骨は主にカルシウムから作られるものです。食事の改善で骨粗鬆症の対策と予防ができます。
カロリーと適度な運動が更年期の高血圧の対策となる
エストロゲンによって血管を広げ血流の流れをよくしています。更年期に入るとエストロゲンが減少し、血流の流れが悪くなります。そこで引きこすのが高血圧です。今までと変わりない生活をしていても更年期になると血圧が自然と高くなります。食事の運動で高血圧は予防できる
更年期女性の髪のパサつきボリュームダウンが気にったときの対策
更年期に入ると髪のボリュームなくなったり、パサつきが目立ってきたりします。これには女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっています。薄毛は育毛剤だけにたよってしまいますが、基本となる対策は日々の髪の毛のケアです。この記事では身近にできる抜け毛対策を紹介します。
更年期障害にどんな漢方は効果ある?選び方は?
漢方は更年期障害の治療として使われます。ただ漢方は証を見て処方するものです。ピッタリ合えば更年期の改善が見込まれますが、合わなければ効果を発揮することができませんし、副作用が応じることがあります。
ちょっとしかコツで更年期のイライラ・うつが簡単に乗り越えられる
更年期に入ると人格がかわったかのように気分の変動が激しくなります。ちょっとしたことでイライラ、カリカリしてしまったと思えば、急に不安になり涙がでてきたりします。ちょっとした考えでイライラやうつを簡単に乗り越えることが出来ます。
光がまぶしく感じる更年期のドライアイの対策
頭をしめつけられるような更年期の片頭痛!簡単にできる対策5選
頭痛や偏頭痛が急に起こって、しんどいという女性がいます。更年期の時期にこのような事がおこっているのであれば、もしかすると更年期障害の症状かもしれません。 対策をご紹介していきます。
閉経後の女性は動脈硬化に気を付けたい!予防ならエクオール
閉経した女性は女性ホルモンが減少しているので、動脈硬化になりやすい状態です。その原因や予防と対策にエクオールを紹介
抗エストロゲン作用があるエクオールは乳がんの予防に
近年では、乳がんを発症する女性が増えています。乳がんの原因はエストロゲンの過剰分泌です。ではエストロゲンの代わりをするエクオールはどうなのでしょうか