MENU

更年期に太る原因はコレ!食べる工夫で上手く対策

太る

今までと変わりない食生活なのになぜか、更年期になるとプクプクと太り始めます。肥満の最大の原因は食事で摂取されるエネルギーのバランスがとれないために起こることです。加齢とともにエネルギー消費量は少なくなっていくのに対し、食欲はなかなか減りません。

 

 

そのため栄養過多状態になってしまうのが主な原因です。太ったからといって無理なダイエットはやるべきではありません。更年期のダイエットはやるべきではありません。栄養が不足すると、さらに更年期症状が重くなる可能性があるからです。そこで、今回はちょっとした意識で食べる量を減らす方法を紹介します。

 

更年期のストレスで太る

更年期はエストロゲンの減少により、脳信号が混乱し、自律神経が乱れます。すると今まで感じることがなかった家族や友人、職場などの行動や言葉によってストレスを感じることも少なくありません。

 

ストレスの発散させる方法には、趣味、運動、食事、カラオケなど色々とあります。その中で、食べることが一番てっとり早いストレス解消手段なんです。

 

甘いもは脳の中で「幸せホルモン」と呼ばれるドーパミンが分泌されます。私たちは経験上それを知っているので、疲れた時に甘いものが欲しくなるのです。体が甘いものや味の濃いものの刺激に慣れてしまうため、同じ刺激を求めてますます甘いものや味の濃いものが欲しくなります。そうして過食へと走っていくのです。

 

精神面の対策

お菓子

たくさん食べてしまった後に「食べ過ぎてしまった」「私は駄目だ」と自分を責めしまうと、余計に自律神経が乱れます。そうした不安はうつ症状など他の更年期症状の原因にもなります。

 

自制ができれば最初から食べ過ぎてしまう事はありません。どうしようもなく食べてしまっているのです。だから、食べ過ぎてしまって後悔するのではなく、「食べてしまったものはしょうがいない!」と切り替えて運動や食事の量を減らすなどして後でフォローすることを考えます。

 

食べる時に工夫をする

どうしても食べ過ぎてしまう場合は、冷たいものより、温かいものから先に食べます。温かいものの方が、満足感が得られて早めに気持ちが満たされます。そして、何かを食べる時はゆっくり噛んで味わって食べます。味わずに早く食べるより、おいしいと味を感じながら食べるほうが精神的にも満たされます。

 

日中に食べる

寝る前ではなく、日中に食べるようにする。寝る前に食べてしまうと、食べたものを脂肪として溜めこみやすくなります。それだけではなく、睡眠中も胃や腸を働かさないといけなくなるので、脳や臓器が休めません。

 

そのせいで、翌朝も胃がもたれていたり、身体がだるくなってしまいます。同時に更年期症状の不安定さを加速させることになります。どうせ食べるなら活動量の多い、朝や昼にします。日中は代謝が高いので、食べ物がすぐにエネルギーとして使われやすい状態です。また、食べ過ぎてしまっても、その後に運動することでカロリーを消費することができます。

 

カロリー量を考える

お菓子・パン・インスタント食品にはカロリーが書かれてあります。その食べ物を食べたらどの程度の運動が必要か考えてみます。食べたものを消費するのにはどれほどの運動量が必要になるか考えれば、少し食べる量も減ってきます。

 

 

運動1時間で消費されるカロリー

 

ゆっくり歩く(約140kcal)
ジョギング(約380)
自転車(約200)
ラジオ体操(約250)

菓子パンなどの甘い食べ物は(200?300カロリー)あります。1個食べれば1時間の運動をしないと消費できません。
こう考えれば、食べ過ぎも抑えられるかもしれません。食べ過ぎた糖質はいったん肝臓で脂肪に変わります。ブクブクと太ってしまいます。

 

最後に

 

食べることを我慢することがストレスに感じるのなら、無理することはありません。食べればいいのです。ただ、その時に、温かいものから食べたり、美味しいと味わってゆっくり食べる、そして食べた後に運動をする!これでいいんです。少しずつできることからすることが重要です。これができたら次のステップとランクアップしていくことで最終的に摂取カロリーを抑えることになります。

 

 

 

関連ページ

日常のちょっとしたことで対策できる更年期のホットフラッシュ
更年期障害の症状で多いのがホットフラッシュです。のぼせやほてりの症状も多く、外出することもままならない人もいるでしょう。そこで試してほしいのがサプリメントです。
エクオールでシワのケアも?驚きの美容効果は
エクオールには美容効果もあります。エストロゲンは女性らしらを出すものでもあるからです。エクオールをサプリとして摂取してシワが改善さた美容効果が発表されています
更年期の生理不順の「乱れ」からわかる対策
更年期の生理不順は閉経の向かうサインです。このときは生理周期が長くなったり、早くなったりします。出血の量も増えることもあるので、焦らないで冷静に対処しなければいけません。出血量が多くなると貧血などの問題もでてくるので、その場合は婦人科などに相談しなければいけません
簡単に楽になれる?更年期の肩こりには温湿布や半身浴で対策!
今まで肩こりを感じたことがなかった方でも、更年期に入ると肩の重さやだるさに悩まれる方がいます。実は肩こりは更年期症状の1つなんです。この記事では肩こりを解消できる具体的な対策をお伝えしています。
エクオールサプリの安全性や副作用は大丈夫!?
エクオールは大豆イソフラボンから作られるもの。体にはいいものだが、過剰に摂取することで副作用の問題もあります。はたしてエクオールは安全なのか?そして副作用はないのか
更年期の骨粗鬆症を予防する食事は和食だった
エズトロゲンは骨の新陳代謝とも深く関わっています。そのためエストロゲンの分泌が低下する更年期以降の女性は骨の密度が低下し骨粗鬆症にりやすくなります。骨は主にカルシウムから作られるものです。食事の改善で骨粗鬆症の対策と予防ができます。
カロリーと適度な運動が更年期の高血圧の対策となる
エストロゲンによって血管を広げ血流の流れをよくしています。更年期に入るとエストロゲンが減少し、血流の流れが悪くなります。そこで引きこすのが高血圧です。今までと変わりない生活をしていても更年期になると血圧が自然と高くなります。食事の運動で高血圧は予防できる
更年期女性の髪のパサつきボリュームダウンが気にったときの対策
更年期に入ると髪のボリュームなくなったり、パサつきが目立ってきたりします。これには女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっています。薄毛は育毛剤だけにたよってしまいますが、基本となる対策は日々の髪の毛のケアです。この記事では身近にできる抜け毛対策を紹介します。
更年期障害にどんな漢方は効果ある?選び方は?
漢方は更年期障害の治療として使われます。ただ漢方は証を見て処方するものです。ピッタリ合えば更年期の改善が見込まれますが、合わなければ効果を発揮することができませんし、副作用が応じることがあります。
ちょっとしかコツで更年期のイライラ・うつが簡単に乗り越えられる
更年期に入ると人格がかわったかのように気分の変動が激しくなります。ちょっとしたことでイライラ、カリカリしてしまったと思えば、急に不安になり涙がでてきたりします。ちょっとした考えでイライラやうつを簡単に乗り越えることが出来ます。
光がまぶしく感じる更年期のドライアイの対策
頭をしめつけられるような更年期の片頭痛!簡単にできる対策5選
頭痛や偏頭痛が急に起こって、しんどいという女性がいます。更年期の時期にこのような事がおこっているのであれば、もしかすると更年期障害の症状かもしれません。 対策をご紹介していきます。