MENU

目が疲れる、光がまぶしい、ものが見えにくい、目が乾く、ショボショボする、涙がでやすいといった目の悩みをお持ちではありませんか。更年期に入ると、こういった目のトラブルが多くなってきます。勿論、これらは更年期症状の一つともされていますが、他の原因が複数重なっていることもあります。ここでは、ドライアイの原因と対策方法を紹介していきます。

 

 

更年期のドライアはなぜ起こる?

 

 

エストロゲンは肌の水分量にも関係しています。今まで肌が乾燥することがなかった方でも、更年期に入ると急に肌がカサカサします。

 

 

 

 

 

更年期はエストロゲンの分泌の低下で、肌の水分が不足するように目の潤いも不足しています。涙の分泌や目の粘膜の分泌が減ってひとみが乾燥しドライアイを引き起こします。

 

 

テレビやパソコン、スマートフォンの画面の見すぎ、コンタクトレンズやアイメイクによる目の傷などが手伝ってドライアイの人が増えています。

 

 

また、光がまぶしいという方は以下のような原因があります。

 

ストレスホルモンの分泌や自律神経の失調、加齢などによって同行の開き具合のコントロールができづらくなり、明るい場所でも瞳孔が閉じずに光が沢山入ってくるためと考えられている。

 

 

 

ーーー

 

ドライアイの対策

 

 

・サングラス

 

サングラスをかけて光から目を守る

 

UVカット加工されているものや、紫外線に反応してレンズの色が変わるものもあります。

 

 

・帽子や日傘

 

少しでも光をさえぎるためにも、ツバの広いものを選びます。

 

黒いものは光を集めやすい。そのため明るい日傘を選びがちですが、黒い色の日傘の方が光を通しにくいです。

 

 

・目薬

 

目の症状に合わせて目薬を使うのも効果的です。

 

市販の目薬を使う場合、防腐剤抜きで、使い切りタイプの人口涙液を選びましょう。

 

ドライアイの場合は、目の表面に傷がついている場合が多く、また防腐剤を洗い流すだけの涙が不足しているので、防腐剤入りの目薬はオススメできません。

 

 

目を洗うときは、専用のキャップにいれ、目をパチパチ洗うのが最も安全な方法です。

 

コンタクトレンズをしている場合は使用法、使用期限をしっかり守りましょう。

 

 

・空調の風向き

 

室内にいるときや車の運転中はエアコンの風が直接顔にあたらないようし、風向きを調整しましょう。

 

 

・テレビやパソコンの置き方

 

画面を見るときに、視線が上向きになると、目を大きく見開くため目が乾きやすくなります。

 

パソコンやテレビは、画面をみるときは視線が下になるようにして配置する。

 

 

・目の休憩

 

1時間目を使う作業をしたら5分目を閉じる、近くをしばらく見続けけたら遠くを見る、意識的に目を休める時間をとります。

 

目が乾く時は、まばたきを何度もくり返すと涙の分泌がうながされる

 

 

ホットタオルもオススメ。

 

目を覆ったままじっと5?10分ほど待つと、目の筋肉が緩みで視力の調整がよくなり、かすみ目も改善

 

目のまわりの筋肉をほぐすマッサージもオススメ

 

目の周囲の骨にそって圧するようにします。絶対に眼球には力を加えてはいけません。

 

 

 

老眼

 

40を過ぎるころからはじまる目の老化が老眼です。

 

近くを見る時にぴんとをあわせるための水晶体が老化により弾力を失い、調節力が衰えて起こるものです。

 

近くがみえにくくなってきたら老眼の始まりです。

 

眼鏡など必要ないと無理していると、肩こり、頭痛などがひどくなってきます。

 

 

更年期の症状だと思っていた頭痛や肩こりが、老眼が原因で起こっている場合も少なくありません。

 

 

また、更年期からあ緑内障などの目の病気も増えてきます。

 

深刻な病気が隠れていないのか検査を受けましょう。

 

関連ページ

日常のちょっとしたことで対策できる更年期のホットフラッシュ
更年期障害の症状で多いのがホットフラッシュです。のぼせやほてりの症状も多く、外出することもままならない人もいるでしょう。そこで試してほしいのがサプリメントです。
エクオールでシワのケアも?驚きの美容効果は
エクオールには美容効果もあります。エストロゲンは女性らしらを出すものでもあるからです。エクオールをサプリとして摂取してシワが改善さた美容効果が発表されています
更年期の生理不順の「乱れ」からわかる対策
更年期の生理不順は閉経の向かうサインです。このときは生理周期が長くなったり、早くなったりします。出血の量も増えることもあるので、焦らないで冷静に対処しなければいけません。出血量が多くなると貧血などの問題もでてくるので、その場合は婦人科などに相談しなければいけません
簡単に楽になれる?更年期の肩こりには温湿布や半身浴で対策!
今まで肩こりを感じたことがなかった方でも、更年期に入ると肩の重さやだるさに悩まれる方がいます。実は肩こりは更年期症状の1つなんです。この記事では肩こりを解消できる具体的な対策をお伝えしています。
エクオールサプリの安全性や副作用は大丈夫!?
エクオールは大豆イソフラボンから作られるもの。体にはいいものだが、過剰に摂取することで副作用の問題もあります。はたしてエクオールは安全なのか?そして副作用はないのか
更年期の骨粗鬆症を予防する食事は和食だった
エズトロゲンは骨の新陳代謝とも深く関わっています。そのためエストロゲンの分泌が低下する更年期以降の女性は骨の密度が低下し骨粗鬆症にりやすくなります。骨は主にカルシウムから作られるものです。食事の改善で骨粗鬆症の対策と予防ができます。
カロリーと適度な運動が更年期の高血圧の対策となる
エストロゲンによって血管を広げ血流の流れをよくしています。更年期に入るとエストロゲンが減少し、血流の流れが悪くなります。そこで引きこすのが高血圧です。今までと変わりない生活をしていても更年期になると血圧が自然と高くなります。食事の運動で高血圧は予防できる
更年期女性の髪のパサつきボリュームダウンが気にったときの対策
更年期に入ると髪のボリュームなくなったり、パサつきが目立ってきたりします。これには女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっています。薄毛は育毛剤だけにたよってしまいますが、基本となる対策は日々の髪の毛のケアです。この記事では身近にできる抜け毛対策を紹介します。
更年期障害にどんな漢方は効果ある?選び方は?
漢方は更年期障害の治療として使われます。ただ漢方は証を見て処方するものです。ピッタリ合えば更年期の改善が見込まれますが、合わなければ効果を発揮することができませんし、副作用が応じることがあります。
ちょっとしかコツで更年期のイライラ・うつが簡単に乗り越えられる
更年期に入ると人格がかわったかのように気分の変動が激しくなります。ちょっとしたことでイライラ、カリカリしてしまったと思えば、急に不安になり涙がでてきたりします。ちょっとした考えでイライラやうつを簡単に乗り越えることが出来ます。
頭をしめつけられるような更年期の片頭痛!簡単にできる対策5選
頭痛や偏頭痛が急に起こって、しんどいという女性がいます。更年期の時期にこのような事がおこっているのであれば、もしかすると更年期障害の症状かもしれません。 対策をご紹介していきます。
閉経後の女性は動脈硬化に気を付けたい!予防ならエクオール
閉経した女性は女性ホルモンが減少しているので、動脈硬化になりやすい状態です。その原因や予防と対策にエクオールを紹介
抗エストロゲン作用があるエクオールは乳がんの予防に
近年では、乳がんを発症する女性が増えています。乳がんの原因はエストロゲンの過剰分泌です。ではエストロゲンの代わりをするエクオールはどうなのでしょうか
【コロコロうんち解消】更年期の便秘ならエクオールサプリ!!
更年期の方は便秘になりがちです。その便秘もまた女性ホルモンと関わりがあります。コロコロとした硬い便の解消にエクオール