MENU

更年期女性の髪のパサつきボリュームダウンが気にったときの対策

薄毛

どんなに顔が整っている女性でも髪のボリューム、艶がなければその美しさは半減してしまいます。顔が整っていない方でも、髪が光沢があり、整っていれば、それだけで若々しく見えます。美しい髪は女性らしさの象徴でもあるのです。今まで美しい髪を維持できてきたが、更年期に入ると髪の質が変化し、乾燥やボリュームダウンに悩まされます。今回は記事では、なぜ更年期になると髪がパサつくのか、薄毛になりやすくなるのかを説明し、その対策方法を紹介していきます。

 

薄毛の原因

髪のボリュームダウンやパサつきの原因はエストロゲンの減少で起こります。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがあります。エトロゲンは「美のホルモン」とも呼ばれており、肌や髪のハリや弾力を保っています。しかしエストロゲンは20代をピークに徐々に減少し、更年期に入るとその量は急激に減少してします。

 

髪の成長や促進をしていたエストロゲンの量が低下してしまうと、髪の成長期が短くなり、休止期がながくなてしまいます。つまり頭髪が早く一生を終え、抜けていきます。毛髪を作る機能も低下し、やがて毛髪を生み出す毛母そのものが消失してしまうのです。
髪が弱ってしまうと髪を保護するキューティクルが開いたりはがれたりして内部のたんぱく質が抜け出てしまいます。すると、パサつきやうねり、切れ毛などにつながります。

 

更年期の抜け毛、薄毛の症状は「女性型脱毛症」「更年期型脱毛症」「瀰漫性(びまん性)脱毛症」と呼ばれています。

 

シャンプーのしすぎに注意

髪のボリュームがなくなったり、パサつくと洗い方やドライヤーの仕方が悪いと感じて、いつも以上に洗ってしてしまいます。シャンプーやドライヤーをやりすぎると、髪の潤いがなくなり、どんどん乾燥がひどくなって髪の傷みが深刻化します。今までの洗い方を見つめ直して正しい洗い方、乾かし方をしなければいけません。

 

傷みを防ぐためにはシャンプー・ドライヤーブラッシング方法を紹介します。

 

シャンプー

適量のシャンプーを手に取り、しっかりと泡立たせてから髪にのせます。そして、泡で頭皮をマッサージしながら洗います。髪の毛自体の汚れは水で簡単に落ちるので、洗髪するときは頭皮を洗うように意識して下さい。健康な髪を生み育てるには、毛穴に汚れが溜まっていないことが重要です。

 

ドライヤー

ドライヤーは温風で根元をしっかり乾かします。毛先は軽く乾かした後、冷風をあてます。冷風を最後におこなうと開いたキューティクルが引き締まります。最後に、椿油やトリートメント剤などで髪の保湿をしておきます。

 

ブラッシング

ブラッシングは力を入れすぎないで、やさしくとかすようにします。頭皮にブラシをあててしまうと、毛根が傷つくおそれがあるのである注意しなければいけません。髪が長い人は、先に毛先からとかします。次に髪の真ん中から毛先に、頭頂から今朝に向かって段階を踏んでブラッシングしていくとクシが髪に引っかかることもなくときほぐしていけます。

 

パーマやカラーは控えめに

薄毛や白髪などが気になってくるとパーマやカラーに頼りがちになります。少しでも若々しく見えるようにする施策なので、気持ちは凄くわかります。でも、髪のダメージは否めません。

 

長い目で見ると、かえって髪の毛を弱らせ、薄毛やパサつきに拍車をかけます。髪の健康維持にもパーマやカラーの頻度はできるだけ少なくしましょう。

 

カットの工夫で髪のボリュームを出したりすることができます。頭皮へのダメージが少ないカラーもあります。これらを工夫してできるだけ頭皮に余計なダメージを与えないようにします。

 

マッサージ

頭皮の血行が悪いと髪に栄養が行き届かず薄毛の原因になります。頭皮を柔らかく保つと血行がよくなり、毛髪を作る機能が高まります。

 

シャンプー前に頭皮オイルを使ってマッサージすると、毛穴に詰まった皮脂が溶け出す効果があります。有名どこな頭皮オイルは「ホホバオイル」「アルガンオイル」「オリーブオイル」「椿オイル」などがあります。

 

耳、おでこ、うなじの3つの部位から順に頭頂部へ向けてマッサージします。指の腹で小さな円をかくようするのがコツ。

 

美髪に効く栄養素

外からのケアも大事ですが、髪を作る栄養素を摂ることはそれ以上に大事なので、日頃から意識て摂取しましょう。

 

ケラチン:たんぱく質の一つ。魚・肉・卵・大豆・乳製品などに含まれている

 

ビタミンB群:食事で摂ったたんぱく質を体内で利用できる形にする栄養素。レバー、卵、カツオ、バナナ、大豆食品などに含まれています

 

亜鉛:新陳代謝に必要な栄養素。牡蠣、牛肉、ゴマなどに含まれています。

 

銅:アーモンド、牡蠣、枝豆、牛レバーなど。白髪を予防し、黒髪を作ります。

 

最後に

 

髪のパサつき、ボリュームダウンの原因と対策をお伝えしました。髪の問題は女性ホルモンの減少で起こることなので、誰でも起こることです。ただ、紹介した対策を行うだけで、薄毛、パサつきといった問題をおさえることができます。身近なできる対策なので是非行ってみて下さい。

関連ページ

日常のちょっとしたことで対策できる更年期のホットフラッシュ
更年期障害の症状で多いのがホットフラッシュです。のぼせやほてりの症状も多く、外出することもままならない人もいるでしょう。そこで試してほしいのがサプリメントです。
エクオールでシワのケアも?驚きの美容効果は
エクオールには美容効果もあります。エストロゲンは女性らしらを出すものでもあるからです。エクオールをサプリとして摂取してシワが改善さた美容効果が発表されています
更年期の生理不順の「乱れ」からわかる対策
更年期の生理不順は閉経の向かうサインです。このときは生理周期が長くなったり、早くなったりします。出血の量も増えることもあるので、焦らないで冷静に対処しなければいけません。出血量が多くなると貧血などの問題もでてくるので、その場合は婦人科などに相談しなければいけません
簡単に楽になれる?更年期の肩こりには温湿布や半身浴で対策!
今まで肩こりを感じたことがなかった方でも、更年期に入ると肩の重さやだるさに悩まれる方がいます。実は肩こりは更年期症状の1つなんです。この記事では肩こりを解消できる具体的な対策をお伝えしています。
エクオールサプリの安全性や副作用は大丈夫!?
エクオールは大豆イソフラボンから作られるもの。体にはいいものだが、過剰に摂取することで副作用の問題もあります。はたしてエクオールは安全なのか?そして副作用はないのか
更年期の骨粗鬆症を予防する食事は和食だった
エズトロゲンは骨の新陳代謝とも深く関わっています。そのためエストロゲンの分泌が低下する更年期以降の女性は骨の密度が低下し骨粗鬆症にりやすくなります。骨は主にカルシウムから作られるものです。食事の改善で骨粗鬆症の対策と予防ができます。
カロリーと適度な運動が更年期の高血圧の対策となる
エストロゲンによって血管を広げ血流の流れをよくしています。更年期に入るとエストロゲンが減少し、血流の流れが悪くなります。そこで引きこすのが高血圧です。今までと変わりない生活をしていても更年期になると血圧が自然と高くなります。食事の運動で高血圧は予防できる
更年期障害にどんな漢方は効果ある?選び方は?
漢方は更年期障害の治療として使われます。ただ漢方は証を見て処方するものです。ピッタリ合えば更年期の改善が見込まれますが、合わなければ効果を発揮することができませんし、副作用が応じることがあります。
ちょっとしかコツで更年期のイライラ・うつが簡単に乗り越えられる
更年期に入ると人格がかわったかのように気分の変動が激しくなります。ちょっとしたことでイライラ、カリカリしてしまったと思えば、急に不安になり涙がでてきたりします。ちょっとした考えでイライラやうつを簡単に乗り越えることが出来ます。
光がまぶしく感じる更年期のドライアイの対策
頭をしめつけられるような更年期の片頭痛!簡単にできる対策5選
頭痛や偏頭痛が急に起こって、しんどいという女性がいます。更年期の時期にこのような事がおこっているのであれば、もしかすると更年期障害の症状かもしれません。 対策をご紹介していきます。
閉経後の女性は動脈硬化に気を付けたい!予防ならエクオール
閉経した女性は女性ホルモンが減少しているので、動脈硬化になりやすい状態です。その原因や予防と対策にエクオールを紹介
抗エストロゲン作用があるエクオールは乳がんの予防に
近年では、乳がんを発症する女性が増えています。乳がんの原因はエストロゲンの過剰分泌です。ではエストロゲンの代わりをするエクオールはどうなのでしょうか
【コロコロうんち解消】更年期の便秘ならエクオールサプリ!!
更年期の方は便秘になりがちです。その便秘もまた女性ホルモンと関わりがあります。コロコロとした硬い便の解消にエクオール