MENU

頭をしめつけられるような更年期の片頭痛!簡単にできる対策5選

頭痛
エストロゲンの減少によって様々な更年期障害が起こります。頭痛も更年期障害に起こる代表的な症状の一つです。ただ、頭痛に関しては他の症状よりも、複数の要因が重なり合って起こっている可能性が高いので、原因を特定するのは難しくなります。

 

まず、最初はエストロゲンの減少で引き起こされる頭痛です。ホルモンバランスが崩れることで、自律神経が乱れます。これにより脳への血液供給が不安定にあり、片頭痛を引き起こします。

 

さらに、更年期に起こりやすい、眼精疲労、ストレス、肩こり、首筋のこりによって頭痛をもたらします。

 

簡単に楽になれる?更年期の肩こりには温湿布や半身浴で対策! 

 

何か一つが頭痛の原因になっているかもしれませんし、複数が重なり合って酷い片頭痛を引き起こしているかもしれないのです。

 

頭痛には慢性頭痛とそうではない頭痛の2タイプに分けられます。更年期に多い慢性頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3タイプに分けられます。

 

片頭痛は脈のようにズキン!ズキンと頭に響く痛みです。音や光に敏感に反応しやすく、吐き気などをともなうこともあります。

 

緊張型頭痛は肩こり、ストレス、眼精疲労が原因になります。頭をしめつけられているような重い痛みを感じるのが特徴です。

 

群発性は目の奥をえぐられるような痛みを感じます。頭痛の中でも最も痛みが強いと言われています。女性より男性に多い頭痛なので、更年期にはあまり見られません。

 

若い頃から頭痛持ちだった方はより強ることもありますし、今まで頭痛とは無縁だった方でも頭が痛くなることもあります。

筋肉をほぐす

肩こりや首筋のこりを感じているのであれば、ストレットや体操など筋肉がほぐれる運動を行います。

 

肩を上下に動かす

 

両腕を伸ばして、前回&後ろ回し

 

両肩を前後に回転させる。

 

首を回転させる

おそらく、こりを感じたときに日常でやっていることだと思います。もう少し意識を高めてこういったストレッチをするのも対策の一つです。

 

同じ姿勢を続けない

デスクワークで長時間同じ姿勢をしていると、血流が悪くなりますし、首や肩などの筋肉を疲労させて、頭痛の原因にもなります。こまめに休憩を入れることが大事です。その時に先ほど紹介したストレットをするのも有効手段です。

 

やすむ

 

音や光に反応しやす片頭痛が起こった場合は、音がしない静かな場所で体を休めます。あなたが一番リラックスできるラクな姿勢で、横になり、保冷材などを使って頭を冷やしてあげます。緊張型頭痛は冷やすのではなく、温めましょう。

 

睡眠のリズム

睡眠不足はストレスがたまるので、頭痛の原因になりますが、寝すぎもまた頭痛の引き金となります。寝すぎてしまうと脳が必要以上にリラックスし血管が拡張されます。すると、血管が近くの感覚神経を刺激して頭痛を引き起こしてしまうのです。

 

寝だめをしたところで、頭痛の原因にもなりますし、その晩、眠れなくなり不規則な生活を送ることになります。ゆっくり寝れる日であっても、普段より1時間だけ遅く起きるようにしましょう。

 

 

冷え

足腰が冷えることで頭痛が発生します。一見、冷えと頭痛とか関係してないように思いますが、体が冷えると、血液循環が悪くなり、脳への血流供給が不安定になることで酸素不足になり頭痛が起こります。

 

常に冷え対策を行っておくべきです。気を付けたいのが夏場です。エアコンにより冬以上の冷えてしまうこともあるので気をつけないといけません。ひざ掛けなどでしっかり対策を心がけましょう。また、夏はシャワーだけですませてしまわずに、ゆっくりお風呂に浸かって体の芯から暖まることを心がけましょう。

 

頭痛がひどい場合は、市販の頭痛薬で痛みを和らげるのも手です。しかし、ほんとの解決にはならないので、あまり頼り過ぎるのはよくありません。長期間の服用は胃に負担をかけるので注意

 

頭痛ではなく、くも膜下出血や脳出血などの病気が潜んでいることもあります。薬が必要な頭痛があった場合は専門医に相談することも大切です。

 

最後に

頭痛は様々な要因によって起こるので、原因を特定することは難しいです。そのため、できる対策を一つずつこなしていくことです。そうすることで、慢性的な頭痛を解消できるかもしれません。

 

 

関連ページ

日常のちょっとしたことで対策できる更年期のホットフラッシュ
更年期障害の症状で多いのがホットフラッシュです。のぼせやほてりの症状も多く、外出することもままならない人もいるでしょう。そこで試してほしいのがサプリメントです。
エクオールでシワのケアも?驚きの美容効果は
エクオールには美容効果もあります。エストロゲンは女性らしらを出すものでもあるからです。エクオールをサプリとして摂取してシワが改善さた美容効果が発表されています
更年期の生理不順の「乱れ」からわかる対策
更年期の生理不順は閉経の向かうサインです。このときは生理周期が長くなったり、早くなったりします。出血の量も増えることもあるので、焦らないで冷静に対処しなければいけません。出血量が多くなると貧血などの問題もでてくるので、その場合は婦人科などに相談しなければいけません
簡単に楽になれる?更年期の肩こりには温湿布や半身浴で対策!
今まで肩こりを感じたことがなかった方でも、更年期に入ると肩の重さやだるさに悩まれる方がいます。実は肩こりは更年期症状の1つなんです。この記事では肩こりを解消できる具体的な対策をお伝えしています。
エクオールサプリの安全性や副作用は大丈夫!?
エクオールは大豆イソフラボンから作られるもの。体にはいいものだが、過剰に摂取することで副作用の問題もあります。はたしてエクオールは安全なのか?そして副作用はないのか
更年期の骨粗鬆症を予防する食事は和食だった
エズトロゲンは骨の新陳代謝とも深く関わっています。そのためエストロゲンの分泌が低下する更年期以降の女性は骨の密度が低下し骨粗鬆症にりやすくなります。骨は主にカルシウムから作られるものです。食事の改善で骨粗鬆症の対策と予防ができます。
カロリーと適度な運動が更年期の高血圧の対策となる
エストロゲンによって血管を広げ血流の流れをよくしています。更年期に入るとエストロゲンが減少し、血流の流れが悪くなります。そこで引きこすのが高血圧です。今までと変わりない生活をしていても更年期になると血圧が自然と高くなります。食事の運動で高血圧は予防できる
更年期女性の髪のパサつきボリュームダウンが気にったときの対策
更年期に入ると髪のボリュームなくなったり、パサつきが目立ってきたりします。これには女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっています。薄毛は育毛剤だけにたよってしまいますが、基本となる対策は日々の髪の毛のケアです。この記事では身近にできる抜け毛対策を紹介します。
更年期障害にどんな漢方は効果ある?選び方は?
漢方は更年期障害の治療として使われます。ただ漢方は証を見て処方するものです。ピッタリ合えば更年期の改善が見込まれますが、合わなければ効果を発揮することができませんし、副作用が応じることがあります。
ちょっとしかコツで更年期のイライラ・うつが簡単に乗り越えられる
更年期に入ると人格がかわったかのように気分の変動が激しくなります。ちょっとしたことでイライラ、カリカリしてしまったと思えば、急に不安になり涙がでてきたりします。ちょっとした考えでイライラやうつを簡単に乗り越えることが出来ます。
光がまぶしく感じる更年期のドライアイの対策
閉経後の女性は動脈硬化に気を付けたい!予防ならエクオール
閉経した女性は女性ホルモンが減少しているので、動脈硬化になりやすい状態です。その原因や予防と対策にエクオールを紹介
抗エストロゲン作用があるエクオールは乳がんの予防に
近年では、乳がんを発症する女性が増えています。乳がんの原因はエストロゲンの過剰分泌です。ではエストロゲンの代わりをするエクオールはどうなのでしょうか
【コロコロうんち解消】更年期の便秘ならエクオールサプリ!!
更年期の方は便秘になりがちです。その便秘もまた女性ホルモンと関わりがあります。コロコロとした硬い便の解消にエクオール